立教新座高校ラグビー部OB会
トップ > 活動報告 中学生の部 > 2017年活動報告
活動報告

平成29年学校総合体育大会県大会  準々決勝

2017・07・18

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

【準々決勝  vs 深谷南中】 31対7

全国有数の暑い街としても知られる熊谷。夏の熊谷を舞台に学総体が始まりました(於熊谷荒川緑地ラグビー場)。
第3シードを得て準々決勝から出場の立教新座。対戦相手は春の関東大会県予選で3位を争った深谷南中です。
30度を超える灼熱のフィールド。前半、敵陣深くに入り込むもなかなか攻めきることができず嫌な展開のまま時計の針が進みました。しかしその後どうにか先制トライを奪い14対0でハーフタイム。
後半に入り相手に中央突破を許し7点差に詰め寄られました。苦しい状況でしたがタックルで相手攻撃を阻みながら少ないチャンスを活かして3連続トライ。結果31対7でノーサイドとなりました。
次戦は7月22日(土)、 準決勝 vs 第2シード城西川越中となりました。

▲ページのトップに戻る

第68回関東中学校ラグビーフットボール大会
Bブロック決勝‐優勝‐

2017・06・18

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

【決勝  vs 成城学園中】 45対34

Bブロック決勝は東京都成城学園中(8年連続42回目出場)との対戦。記念すべき第1回関東大会の優勝校で以降通算4回大会制覇を果たしている伝統校。2013年の64回大会で対戦経験があり立教新座は敗戦しています。
前半、開始早々先制点を許しましたが直ぐにトライを奪い逆転。以後点の取り合いとなり26対17で前半終了。
後半、先に点を取りリードを広げたいところ返討ちに会い2点差まで追い上げられました。両校互角のゲーム展開の中、相手ゴールライン目前のラックから出たボールをCTBがインゴールに持ち込み再び9点差へ。それでも全く反撃の手を緩めない相手に対し数限りないタックルで防戦しながら連続トライをあげ点差を一気に21へ。試合終了間際に失点しましたが45対34で試合終了。
2000年創部の立教新座。遂に関東大会Bブロック初優勝を飾りました。

▲ページのトップに戻る

第68回関東中学校ラグビーフットボール大会
Bブロック1回戦

2017・06・17

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

【1回戦  vs 関東学院六浦中】 54対12

1950年以降毎年開催され今年で68回目を迎えた伝統の関東大会(於熊谷ラグビー場)。立教新座は2011年の初出場以降2年連続5回目の出場となります。1回戦は神奈川県関東学院六浦中(2年ぶり8回目出場)との対戦。
強い日差しと強風が吹き荒れる中、前半風下に立った立教新座。向かい風を受けながらも19点差を作りましたが、終了間際に連続トライを許し19対12の緊迫した状況で折り返し。
後半は風上に陣取り、テンポよく攻撃し35点を追加。前後半を通じフォワード、ハーフ団、バックスそれぞれが様々なパターンで計8トライを奪い、54対12でノーサイド。
これにより過去4回の出場では叶わなかった関東大会1回戦突破を現実のものとし、部の歴史に新たな1ページを刻みました。次戦は明日6月18日(日)、Bブロック決勝 vs東京都成城学園中となりました。

▲ページのトップに戻る

練習風景:1年生部員  初対外試合

2017・06・11

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

関東大会を翌週に控えた6/11(日)、立教新座キャンパス内セントポールズ・フィールドに県外チームをお招きし対外試合を行いました。
3年生中心で編成されたAチーム。本戦さながらの力強いプレーで得点を重ねました。
一方の1年生。例年通りその多くはラグビー未経験者で、彼らにとって人生初のラグビー試合です。練習試合ながらユリの紋章が入った伝統のジャージを初めて受け取りフィールドへ。格上相手に自陣で防戦する展開となりましたが、前半簡単に抜かれていたのに対し後半は体を張ったタックルで相手の侵攻をどうにか食い止めようとするシーンが徐々に増え、短い時間の中で確かな進歩を見せてくれました。

▲ページのトップに戻る

第33回埼玉県中学ラグビーフットボール大会
兼第68回関東中学校ラグビーフットボール大会
埼玉・栃木県予選 3位決定戦

2017・05・13

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

【3位決定戦  vs 深谷南中】 49対21

降りしきる雨の中、深谷南中と対戦。準々決勝で第2シード寄居中を倒した関東大会出場常連校です。
前半 、FBのステップワークにより敵防御網を突破し先制トライ。攻防の末14点差リードを作りましたが前半終了間際深谷南中の集中した攻撃をかわし切ることができず、結果28対21で折り返し。
後半、敵陣10mライン付近での相手側ラインアウトからHOがボールを奪いゴールライン直前まで突進。繰り返されるブレイクダウンの中ボールを持った相手FWにCTBが果敢にタックル。形成されたモールを相手側インゴールに押し込みマイボール5mスクラムを獲得。そこから展開されたボールがWTBに渡りゴール左側にトライ。その後次第に強まる雨脚によりハンドリングが難しくなりましたが、熊谷ラグビー場の整備された天然芝により足元のグリップは保たれ、落ち着きながらゲームを進め49対21でノーサイド。3位表彰を受け大会を終えました。
なお本県大会はテレビ埼玉及びガリガリ君でお馴染みの赤城乳業に後援いただきました。特に開会式では赤城乳業勤務で女子15人制日本代表サクラフィフテーン主将経験を持つ田坂選手も来場、大会を盛り上げると共に「振る舞いガリガリ君」により選手をサポートいただきました。ありがとうございます。
(6月3日(土)19:00からテレビ埼玉にてダイジェスト放映予定です。)
次戦は6月17日(土)から開催される関東大会本戦です。

▲ページのトップに戻る

第33回埼玉県中学ラグビーフットボール大会
兼第68回関東中学校ラグビーフットボール大会
埼玉・栃木県予選 準決勝

2017・05・05

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

【準決勝  vs 熊谷東中】 7対49

第1シード熊谷東中と今シーズン初対戦。県新人戦、熊谷市長杯と連続優勝し新チーム発足後県内無敗の強豪校へのチャレンジです。
前半早々トリッキーなキックにより敵陣深くまで侵攻するとFWが押し込みトライ。幸先良く先制点を奪いましたが、攻防の中相手プレッシャーが強まり徐々に失点を重ね7対28で前半終了。
21点差を跳ね返す為に飛び出した後半でしたが、チャンスを作るものの得点には結びつけられず、ゲームの流れを変えることができないまま7対49でノーサイド。この敗北の事実を直視し選手自ら何に気付き今後何をして行くかが問われます。
次戦は5月13日(土)、 3位決定戦 vs 深谷南中となりました。

▲ページのトップに戻る

第33回埼玉県中学ラグビーフットボール大会
兼第68回関東中学校ラグビーフットボール大会
埼玉・栃木県予選 準々決勝

2017・05・03

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

【準々決勝  vs 明戸中】 50対19

史上2度の関東大会制覇を果たしている伝統校明戸中との対戦。昨年度チームでは東日本大会県予選決勝など3度の対戦全てが接戦となり、新チーム結成後の昨秋県新人戦では立教新座が勝利を得たものの、現3年生が入部以降鍔迫り合いを繰り返してきました。
前半、先制点をあげゲームの主導権を握ると、その後失点をしたものの33対7でハーフタイム。
一方後半は明戸中の逆襲を受け点差を縮められる展開となりましたが、ラストプレーでCTBが縦に切り込み中央にトライ。50対19とし準決勝に駒を進めました。
本年関東大会にて割り当てられた出場枠は埼玉県・栃木県で3枠(埼玉県は開催県として+1枠)。立教新座は準決勝進出により県上位4校となり2年連続5回目の関東大会出場権を獲得。平成12年創部以来先輩方が築いてきた出場回数「4」に「1」を加えることができた喜びの瞬間を、1年生新入部員含め皆で分かち合うことができました。
次戦は5月5日(祝)、 準決勝 vs 熊谷東中となりました。

▲ページのトップに戻る

第33回埼玉県中学ラグビーフットボール大会
兼第68回関東中学校ラグビーフットボール大会
埼玉・栃木県予選

2017・04・29

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

【1回戦  vs 吉岡中】 29対21

ゴールデンウィーク初日の4月29日(祝)、関東大会出場をかけた県予選が始まりました(於熊谷ラグビー場)。
立教新座は第4シードを得ましたが初戦の相手は難敵吉岡中。昨年同大会では同点引き分けとなり、先月の熊谷市長杯では準決勝で苦杯を喫しています。
前半、暫く続いた均衡状態から先制点を許すも、終了間際ピック&ゴーでの連続攻撃でトライに結びつけ14対14の同点とし、勢いを盛り返した雰囲気で折り返し。
後半に入りまず立教新座が得点。この試合で初めてリードするとその後一時10点差までひろげましたが、吉岡中の素早い攻撃に翻弄され残り4分には3点差に詰め寄られる展開。激しい攻防戦の中残り時間30秒、立教新座が遂に1人余る局面を作り右隅にトライ。29対21でノーサイドのホイッスル。
次戦は5月3日(祝)、 準々決勝 vs 明戸中となりました。

▲ページのトップに戻る

第23回熊谷市長杯ラグビー7人制大会

2017・03・20

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

3月20日(祝)、第23回熊谷市長杯ラグビー7人制大会が開催されました(於熊谷ラグビー場、トライ数によるトーナメント方式)。

【中学2年生の部  3位】

前年同大会1年生の部では決勝で惜敗し市長杯を逃したこの代のチーム。最高学年として臨む今大会では主将が負傷欠場の中善戦し準決勝に進出するも突破できず3位となりました。

1回戦  vs深谷南中  4対2
準決勝  vs吉岡中     1対3
3決     vs岡部中     7対2

 

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

【中学1年生の部  ベスト4】

1年生だけで編成されたチームでの初公式戦。2回戦で接戦をものにし初勝利。進んだ準決勝もまた接戦となり、しかし残り1プレイでトライを献上。ベスト4となりました。

2回戦  vs熊谷東中     3対2
準決勝  vs富士見中A  4対5
3決     vs岡部中         3対5

▲ページのトップに戻る

第14回東日本U15中学生ラグビーフットボール選抜大会

2017・03・12

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

3月11日(土)、12日(日)の両日、第14回東日本U15中学生ラグビーフットボール選抜大会が開催されました(於茨城県水戸市 ツインフィールド及びケーズデンキスタジアム水戸)。この大会には関東ラグビーフットボール協会管下17都道県の中学選抜/中学ラグビースクール選抜が参加しました。

立教新座からは埼玉県中学選抜セレクションの結果7名が招集されました。うち1名は負傷による辞退の為、最終的に以下6名が選抜メンバー(スコッド)として選出され試合出場する機会を得ました。

FW 伊藤、FW 佐々木、BK 熊田、BK 野村、BK 星野、BK 丸山

普段はそれぞれ異なるジャージを着たライバル関係にある県内他校のメンバーと目標を一本化した上で合同練習を行い、試合では同じジャージに袖を通し選抜としてのプライドを持って他都道県の強豪チームとぶつかり闘いそして交流する、そういった非常に貴重な且つ刺激的な経験の場となりました。

▲ページのトップに戻る

平成28年度埼玉県ラグビーフットボール協会
中学校優秀選手表彰

2017・02・11

写真

2月11日(土) 熊谷ラグビー場Bグラウンドにて、平成28年度埼玉県ラグビーフットボール協会中学校優秀選手(年間ベスト15)の表彰がありました。立教新座からは以下5選手が選出されました。

FW 阪本、FW 田中、FW 二木、BK 相田、BK 渡邊

▲ページのトップに戻る

ラグビーワールドカップ2019
埼玉県・熊谷市開催記念「三県ラグビー交流戦」

2017・02・11

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

史上初めてアジア地域での開催となる第9回ラグビーワールドカップ2019。埼玉県・熊谷市が正式に開催会場となったことを記念し、2月11日(祝)に「三県ラグビー交流戦」が行われました(於熊谷ラグビー場)。関越道や上越新幹線でも繋がる新潟、群馬、埼玉の三県から以下5チームが参加しました(総当り戦方式)。

新潟県ラグビースクール選抜チーム
群馬県ラグビースクール選抜チーム
埼玉県ラグビースクール選抜チーム
埼玉県中学選抜2チーム

県中学選抜候補メンバーとして立教新座からは6名が試合出場。あたりの強さ、スピード共に高いレベルの各県ラグビースクール選抜チームと対戦する機会を得ました。

▲ページのトップに戻る