立教新座高校ラグビー部OB会
トップ > 0B会について
OB会について
新会長 丸山 克彦
昭和45年卒
秋冷の候、皆様ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。
去る6月開催の平成16年度立教高校ラグビー部OB会 総会にて、会長を拝命いたしました昭和45年立教高校卒業の丸山克彦と申します。よろしくお願いいたします。 創部52周年を向える伝統ある立教高校ラグビー部は部員数も30名となり、埼玉 県大会でも優秀な成績を収めております。
新会長として、本年度より強力な幹事会布陣をもってOB諸兄同志の親睦を深め、中学、大学とも連携しながら現役選手の公私にわたる支援をしてまいりたいと様々な活動を企画しております。なにとぞ、今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。
名誉会長 山元 春三
昭和27年卒 立教高校ラグビー部創設者
初秋の候、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 立教高校ラグビー部OB会 名誉会長の山元春三です。 立教高校ラグビー部は昭和25年に同好会として発足し、昭和27年に正式に部として承認されました。 創部当初、私は立教大学ラグビー部の試合に出場していた関係で、大学と高校のラグビー部を掛け持ちで活動していました。 その立教高校ラグビー部が現在に至るまで存続し、未来の栄光へ向け邁進している様を見るにつけ、立教高校、現役部員、OB会会員の部への弛まぬ 熱き思いと様々なご努力、ご協力の賜物と感謝いたしております。 又立教高校ラグビー部OB会は平成15年に50周年を向え、その記念式典を機に組織が再編成、強化されました。 現在は丸山新OB会長のもと、OB会報の発刊、立教中学、立教大学都の連携による積極的な支援活動を開始しており、新たな立教高校ラグビー部又OB会の歴史を刻んでくれることと誠に頼もしく思っております。 今後もOB諸兄のご理解とご協力をいただき、立教高校ラグビー部又OB会が益々発展することを祈念して挨拶とさせていただきます。 有難うございました。
副会長 知野根 好樹
昭和49年卒
平成16年度立教高校ラグビー部OB総会において、副会長を拝命致しました昭和49年卒業の知野根好樹と申します。 副会長は若輩の私には少し荷が重い重職ではありますが、丸山新会長のご指導のもと、現役選手への支援、OB会組織の活性化などへ向けて精一杯努力する所存でございます。 今後とも皆様のご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。
OB会幹事長 大原 俊一
昭和50年卒
平成15年の50周年記念行事をきっかけに再スタートして、早2年が経ちました。3年目の今年の活動として、以下の通 り計画しております。 丸山会長以下、役員幹事が月例幹事会を中心として活動する所存です。OB会員皆様の御協力を宜しく御願い致します。

 

立教高校ラグビー部 OB会(クラブ)規則
総 則
第一条
本会は立教高校ラグビー部OB会(クラブ)と称する。
第二条
本会はラグビー精神の高揚により会員相互の親睦を図り、併せて立教高校ラグビー部の健全な発展に寄与することを目的とする。
第三条
本会クラブ員は、かつて立教高校ラグビー部員であった者で同部長の推薦によるものとする。
第四条
本会はクラブ員を以って組織し、その会費によって運営する。 年会費は6,000円とする。
第五条
本会の総会は年1回開催し、会計年度終了後に実施する。
役 員
第六条
本会に下記の役員を置き、役員会(幹事会)を組織する。
会長1名、副会長 若干名、幹事長1名、 幹事(各年代別)若干名、会計監事 若干名、
会長、幹事長、幹事、会計監事は総会、又は役員会において選任する。
副会長は会長により選任され、役員会で承認を得るものとする。
役員会(幹事会)は必要に応じ会長、又は幹事長が召集し本会の運営に必要な事項を協議し、審議する。
会 計
第七条
本会の経費は、会費、寄付金、その他の収入を以って当てる。
第八条
本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、3月31日に終わる。
第九条
事業会計決算報告、会計監査報告総会、又は役員会にて承認を得るものとする。
 
※立教高校は立教新座高校と読み替えることが出来る
▲ページのトップに戻る